≪☆らいおんますみと哲ねこたち≫

らいおんますみ。

Author:らいおんますみ。
☆らいおんますみ。と「哲ねこ」たちがあれこれ語ります。

☆Illustration by:MICHIRU

≪☆哲ねこオフィシャルサイト☆≫

こちらもぜひどうぞ↓。

☆哲ねこの森

≪☆哲ねこは、語る。≫

≪☆コメントありがとうニャ。≫

≪☆ニャテゴリー≫

≪☆猫やハープのお友達≫

≪☆過去ログ≫

≪☆お買い物≫

≪☆メールはこちらからね!≫

お名前:
アドレス:
タイトル:
本文:

≪ブログ内検索≫

≪RSSフィード≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自殺しないでください。

 いろんな理由で、自殺する子どもたちがいます。

 自殺は、しないでください。

 あなたが死んだら、そのあとの世界をあなたは見られません。

 あなたが命を捨ててまで、伝えるべきことなんて、この世界にはありません。

 世界で一番大事なのは、あなたが、この世界に生きている、存在している、ということ、そのことです。

 それ以上に、大事にしなければならないことなんて、ありません。

 あなたが、たった一つの命も、すべての可能性も無駄にして、自殺しても、そのことは、やがて、忘れ去られてしまいます。

 あなたをいじめた人への、報復にはなりません。

 もし、本当に死を選びたいのなら、死ぬ前に、骨髄バンク、アイバンクへ登録をお願いします。あなたにとって、不必要な命でも、病気で苦しんでいる誰かのためには、必要な命です。

 本当に死を選びたいのなら、そのことによって、他の誰かを助けてください。

 アイバンクに登録すれば、あなたが死んだあとも、あなたの目は、他の誰かのために生き続けることができます。目が見えなくて、つらい思いをしていた人が、その日から、明るい世界を見られるようになります。
 あなたの目をもらって、目が見えるようになった人は、言うでしょう。
「ありがとう。あなたの目をありがとう。世界は、なんて素晴らしいんでしょう」

 そう。
 世界は、素晴らしいです。
 生きていることも素晴らしいです。
 今、あなたが、死にたいと思っているのは、まだ、その世界を知らないだけです。
 本当に、死にたいのなら、せめて、その素晴らしい世界に出会って、生きている喜びを体中に感じてからにしてください。

 辛い時は、死なないでください。
 辛い時こそ、生き延びるのです。

 子どもたち、自殺はしないでください。

               らいおんますみ。

 
スポンサーサイト

<< 迎春  【BACK TO HOME】  歴史的に地理を学ぶだと? >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

◆ トラックバック ◆


*この記事にトラックバック(FC2ブロガー専用)


「アイバンク について」

アイバンクアイバンクとは、角膜移植によってしか視力を回復できない患者のために、死後、眼球を提供することに本人または遺族の同意を得て、移植 (医療)|移植を待つ患者に斡旋する公的機関のこと。日本でのアイバンクは、厚生労働大臣の許可を受けて運営される「眼球あっせ


 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。