≪☆らいおんますみと哲ねこたち≫

らいおんますみ。

Author:らいおんますみ。
☆らいおんますみ。と「哲ねこ」たちがあれこれ語ります。

☆Illustration by:MICHIRU

≪☆哲ねこオフィシャルサイト☆≫

こちらもぜひどうぞ↓。

☆哲ねこの森

≪☆哲ねこは、語る。≫

≪☆コメントありがとうニャ。≫

≪☆ニャテゴリー≫

≪☆猫やハープのお友達≫

≪☆過去ログ≫

≪☆お買い物≫

≪☆メールはこちらからね!≫

お名前:
アドレス:
タイトル:
本文:

≪ブログ内検索≫

≪RSSフィード≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の国

 猫の日にふさわしく。
 よいお友達ができましたニャ。

 KONPEITOさんの「ようこそ猫の国へ」ですニャ。
 
 そこは、まるで哲ねこ小学校のようですニャ。

 今度、KONPEITOさんが、ニャカルトも作ってくださるそうですニャ。
 私、門番猫も、ぜひとも作っていただきたいものです。

monbanw.jpg

  門番猫。
スポンサーサイト

今日は猫の日。

今日は、年に一度の猫の日だ。

猫たちがみんなしあわせでありますように。

 ぼくみたいな家猫は、毎日、家の中でのんびり暮らしてればいいんだけど、世の中には、家猫じゃない猫もたくさんいるらしい。
 おまけに、そういうお外の猫たちに、ごはんを配ってくれるやさしい人間たちに、「迷惑だからえさをやるな」と文句を言う人間もいるんだって。
 じゃあ、外の猫は死ねってこと?
 生まれてきてしまったことが悪いの?

 捨てた人間が悪い。
 「ここは、猫を捨てても、誰かがエサをやってくれるらしい」といって、どんどん捨てに来る人間が悪い。
 猫は、モノじゃないぞ。
 命があるんだ。
 人間の子どもたちみたいに、悲しい気持ちも、うれしい気持ちも、持つんだ。
 ぼくだって、ママにやさしくされたらうれしいし、お腹がすいたらつらい。

 ぼくは、家猫なので、のんきに暮らしている。
 でも、ぼくも、お外で暮らしている多くの猫たちのこと、考えて生きなくちゃいけない、と、この頃思っている。

 お外の猫たちのこと。
「のらねこ」というらしい。
 ぼくも、「のらねこ」のこと、もっと知らないといけない。

 プルル。
pururu200w.jpg

闇はいつも目の前に。

闇はいつも、目の前にありますニャイ。

気づかずに過しているだけで、闇はいつも目の前にありますニャイ。

今、この時を大切に。
今あるしあわせを大切に。

時間は、絶対、巻き戻し不可能ですニャイ。

ind-nyaid.gif

                  ニャイデッガー。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。