≪☆らいおんますみと哲ねこたち≫

らいおんますみ。

Author:らいおんますみ。
☆らいおんますみ。と「哲ねこ」たちがあれこれ語ります。

☆Illustration by:MICHIRU

≪☆哲ねこオフィシャルサイト☆≫

こちらもぜひどうぞ↓。

☆哲ねこの森

≪☆哲ねこは、語る。≫

≪☆コメントありがとうニャ。≫

≪☆ニャテゴリー≫

≪☆猫やハープのお友達≫

≪☆過去ログ≫

≪☆お買い物≫

≪☆メールはこちらからね!≫

お名前:
アドレス:
タイトル:
本文:

≪ブログ内検索≫

≪RSSフィード≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由を我等に


自由を我等に

1931年 フランス作品。

監督: ルネ・クレール
脚本: ルネ・クレール
撮影: ジョルジュ・ペリナール
音楽: ジョルジュ・オーリック

出演: アンリ・マルシャン
     レイモン・コルディ

 私の最高に好きな映画ですニャ。
 敬愛するルネ・クレールの、トーキー第3作。

 今、これを見ると、ティム・バートン監督の「チャーリーとチョコレート工場」も、だいぶこの作品を意識して作ったなと思いますニャ。

 「自由とは?」
 真の自由とは、何でしょうニャ。

 監獄から脱出して、生活の糧を得るために働いて、次第に業績のばして、会社まで設立して名士に登りつめ、多大な富を手にいれて。
 
 でも、もっと大事なもの。

 それが、自由ですニャ。

 風は吹きあれ、札束を舞い挙げる。
 さらに素敵なラストシーン。

 どこまでも自由を求める、私の最愛の作品ですニャ。

 A nous a nous la Liberte!

 おすすめ。

pur-nyaru.gif

   ニャルトル。

 
自由を我等に
スポンサーサイト

自由なるニャルトル。

第8話。

お聴きいただけましたかニャ?
私、ニャルトルの自由についてのお話でしたニャ。

多田野曜平さんの、あまりにも素晴らしいニャルトルに、聞き惚れているうちに、ブログを書くのを忘れましたニャ。

しみじみ、素晴らしい、名優ですニャ~~。
多田野さ~~ん。

pur-nyaru.gif

ニャルトル。

コーラス  LES CHORISTES

『コーラス』という映画をDVDで見ましたニャ。
2004年製作のフランス映画。
製作・出演/ピエール・モランジュ: ジャック・ペラン
監督・脚本・音楽: クリストフ・バラティエ
出演:
ジャン=バティスト・モニエ
ジェラール・ジュニョ
フランソワ・ベルレアン
マリー・ビュネル
カド・メラッド
マクサンス・ペラン

子どもたちのしあわせのために、誠実に行動する教師。
フランソワ・トリュフォーの思春期 L'argent de poche以来の、子どもの味方の映画の出現と思いましたニャ。
身震いするほど美しい主人公の少年の歌声。

人がしあわせへの道を選択する映画は、素晴らしい。
フランス映画人の良心を見た思いですニャ。
pur-nyaru.gif

 ニャルトル。

ニャ民税は誰のもの?

 なんだか、いきなり「低所得者のニャ民税は全額免除する」って、決まったらしいですニャ。
 おかしな話もあったもんニャ。
 これまで8年間、老猫の福祉も、子猫の教育も、病猫の援助も、どんどん打ち切られてきたというのに、対立猫の親分が立候補したとたん、「低所得者のニャ民税は、全額免除」って。
 今さらそんな似合わないこと言わないで、自分の道を進むべきですニャ。
 豪遊豪遊、ニャ民税は、オレのもの‥ってね。
 ずっとやってきたそのやり方を、貫くのがかっこいい男ってもんじゃないですかニャン。
 わたし?
 わたしは、もちろん、ニャ民税は、猫たちみんなのしあわせのために使われるべきだと思いますがね。
 pur-nyaru.gif

       ニャルトル。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。